注文住宅のこれが作る流れだ!パート1

どうすればいい?注文住宅を建てる手順

実際に家を建てようと決めてから、どの程度自分で調べましたか?
何をするにも手順が大切ですから、全部工務店や業者さん任せにせずに自分で知識を蓄えることをオススメしますよ。

ここをみているということは少しでも調べようとしているということでしょうから、お教えしますよ!

これが家づくりの流れです!

1.資金を考える

おっとっと、いきなり現実的な話になってしまったと思いますが、大事なことです、誰かが言いました。「お金は重要ではなけれど、必要なんだ」と。

確かに何をすにもお金というはつきまとってきます。
それはあなたの信頼を表す量ですから。

家を建てるというのは、ちょっとスーパーにお買い物をしに行くというレベルのでお話ではありませんから笑

しっかりとお金の面を把握する必要があります。
建売住宅ですと、提示された金額でほぼいい感じだったりするのですが、
これが注文住宅になってくると、

「土地」「家の価格」「諸経費」というのが諸々かかってくるのです。
これらを踏まえて全体の予算を考えることをオススメします。

2.土地を探そう!

実際に家を建てる時に必要になるのが、基盤となる土地です。
土地を探すというと不動産屋さんに買いに行くというのが、常になりますが、
ここでまず気をつけてもらいたいのが、何も知らないで土地を買いに行くと
不動産屋さんは利益を先に考えるために、とんでもないものを買わされたりする可能性がなくもありません。(こんな不動産屋さんは少ないと思いますが。)

土地を買うことではなく、家を建てることが目的なので、それに見合った土地をしっかりと選ぶ必要があります。

そういう時は、工務店の人に聞いたほうが、買うべき土地のアドバイスを聞けると思います!

土地を購入する時に知っている知識の差は結構大きいのです。