実際に家の種類を教えるぞ

家を建てるとき、実際に何をすればいいのか。
不動産屋さんに行ってみる?
いやいや不動産屋さんの多くはお部屋を仲介しているだけで
家が不動産だからといって、作ることには長けているわけではないので
注意をしたい。

実際にそうでないと勘違いしやすいと思うので、気をつけましょう。
家を作りたいと思ったら工務店やハウスメーカーと呼ばれる業者さんにお願いを
することになります。

だからと行って業者さんにすぐに問い合わせをするのではなく
まずは自分の理想としている家ってどんなものか、自分にあっている家ってなんなのかを
知るのが一番大事なのです。

中には自分の理想をしたつもりの注文住宅が実は
建売の住宅でできちゃっていたり、注文住宅だから自分の
理想をこだわって作るぞとお願いしてみたところ
数点のパターンからでしか選べなかったり、これって注文住宅なのかしら
なんてこともよくある話だと言います。

そこで、ここではよく耳にする住宅についてのパターンをお教えします。

建売住宅

家を買おうと思って案外耳にしたりイメージするのってこの建売の率が高いです。よくモデルハウスというかもう実際に建ててある家の即売会などを見たことはないでしょうか。

そうです、その一般的に売っている住宅が建売住宅です。
もう建っているものを見ているので、購入してからイメージと違ったということが少ないのと家の価格が他に比べると安いのものオススメです。

注文住宅

間取りから仕様まで自由に選択できるものです。

基本的な仕様が初めから決まっているというケースが工務店によって違うので
注文住宅を作る時は工務店選びから始まっていると言っても過言ではありません。たくさんの家の事例をみてあなたに会う工務店を見つけましょう。

セミオーダー住宅

セミオーダーは間取りは設計士たちが作成しますが、家で使える素材などがある程度決められているものを言います。

仕様が決まっているため、安く買えるのもメリット、間取りくらいでいいやって人にオススメします。